外壁塗装とは?よくある疑問や解決方法について初心者にも分かりやすく解説

これから外壁塗装をしたいと考えているなら、どのような疑問点が考えられるでしょうか。
1つ疑問点があるとすれば、かかる金額に関してかもしれません。
お金はいくらでも良いので、お願いしますなどと言う人は珍しく、大抵の場合お金に糸目をつけるものです。
今日実際にどれぐらいの金額になるかですが、建物の広さや施工の仕方あるいは使うと上によって随分と変わってきます。
平均的な一戸建て住宅で2階建ての場合には、おおむね1,000,000円前後のお金と考えて間違いありません。
これらを事前に知っておけば、後になってお金が足りないといった話にはならないでしょう。
ローンを組む場合も上位で返済ができるか目安が立ちます。

外壁塗装とは?よくある疑問や解決方法について初心者にも分かりやすく解説

外壁塗装を初心者が行う場合には、まず金額について気にしておきたいところでしょう。
金額については、特に明確な決まりはありませんが一般的な住宅であると考えれば1,000,000円ぐらいの予算と考えておけば良いかもしれません。
もちろん塗料の種類によってはそれ以上かかるケースもあります。
多くの場合は、返済期間などもその金額によって変わってくるところです。
あまり無理をせずお金を出せる範囲で任せるのが1番安心できます。
詳しい事は、その外壁塗装会社にいちど聞いてみるのが良いかもしれません。

外壁塗装の費用相場と価格を左右するポイント

外壁塗装をすると、家もより新しく美しく見えますし、外壁の劣化を修繕することもできるので家がより丈夫になり、長持ちする効果も期待できます。
外壁塗装をするときは、費用相場がどれぐらいになるのかも気になるところです。
価格を左右するポイントのひとつが、塗料です。
安い塗料を選ぶとそれだけ費用も安くなりますが、低価格の塗料は耐久性が低く、頻繁に塗り直しをする必要も出てきます。
高い塗料を選ぶと施工料金は高くなりますが、そのかわり長期に良い状態をキープできるというメリットもあります。
低価格と高価な塗料では仕上がりの良さも大きく変わることも知っておきましょう。
それから、同じような作業をしても業者ごとに価格は変わってきます。
大手リフォーム業者は安心感がありますが、実際の施工は下請け業者がすることも多く、中間マージンが発生して高くなることもあります。
より安く質の良い作業を希望するなら、自社施工の業者を選ぶなど工夫してみましょう。
複数社で見積もりをし、比較すれば高品質な作業をより安く提供している業者を見つけやすくなります。

外壁塗装の補助金を受け取るための条件

外壁塗装には意外と知られていませんが、各自治体から補助金が出る制度があります。
ただしこの制度は各自治体によって異なり、地域によってはない所もあるので、真性する場合は制度があるかないかを確認することが必要です。
補助金が支給されるには上限があり、これも自治体ごとに異なりますが、ほぼ同じ項目は省エネと定住促進です。
省エネは塗装することで夏は外の暑い空気を室内に入れない、冬は冷たい空気を遮断する機能のある塗料を使っての施工に支給されるもので、実施することで電気代などの光熱費の節約になるケースです。
施工業者や施工方法などに制約がある場合もあるので、受ける時には確認が必要です。
もう一つの定住促進はその地域に住むとメリットがあることで定住者を増やすことが目的で、小さな子供さんのいる家庭や住人の多い世帯の住宅が当てはまります。
この他にも地域により異なる条件があり、外壁塗装の費用を補助して長く住んでもらうことが目的です。

外壁塗装を行う理想的なタイミングとは?

家を建てて年数が経過しだんだんと汚れが目立ってきた、親戚が集まる前に外壁をきれいにしたいなど様々でな理由で、外壁塗装工事を検討することにもなるでしょう。
とはいえ今すぐ行う必要は無いとその必要性についてあまり感じていない人も多いかもしれません。
一般的に外壁塗装工事は築10年が目安であると言われています。
日本の住宅では約80%ほどがサイディングボードと呼ばれる成分が使われます。
この防水性は5から7年ほどで切れてしまうのです。
その他の材料を使っていたとしても、多くが同じ位で最初の防水性が切れます。
その目安として築10年で1回目の塗装が良いと言われるようになったのです。
建物の美観を保つため、また外壁を保護することが目的です。
しかし10年を待たずに、そのタイミングを迎えることもあるでしょう。
外壁を触ったときに白い粉が手につくチョーキング現象が現れている場合には、塗装の表面が劣化している証です。
その他にも塗膜の膨れや剥離、ひび割れ等が見られる場合には、早急に外壁塗装工事を検討する必要があります。

外壁塗装の保証はどういった内容?

業者のホームページなどを見ると、外壁塗装に関する補償内容が書かれているケースがあります。
その補償内容はどのようなものがあるかと言えば、外壁塗装をした後の内容になります。
例えばひび割れが生じた場合には、無料で補修しますといった内容です。
実はこのひび割れと言うものは、めったに起こるものではありません。
大抵の場合、ひび割れが起こるのはかなり腕が悪いケースになります。
そのためこの内容自体はあまり意味がないと言ってよいかもしれません。
次に、他の家に迷惑をかけた場合に何らかのものを保証するケースがあるかもしれません。
よくある話は、隣の家の洗濯物を汚してしまった場合です。
このようなときには、会社側が弁償することになりますので、その負担が家主になる事はありません。
当然ながら、注意して塗装をすればそのような事はまず起こり得ないため、会社側の不注意が大きな原因です。
少なくとも、初歩的なミスをするような会社は選ばない方が良いかもしれません。

外壁塗装で近隣に迷惑をかけないための対処法とは?

外壁塗装の工事を行うことになった場合には、少なからず近所には迷惑をかけてしまいます。
例えば大きなトラックが行き来するようになったり、臭いの問題なども出てくることでしょう。
近隣に迷惑をかけないための対処法としては、まず最初に外壁塗装工事を始めることの情報を伝えておく必要があります。
いつどこで、どのような内容の工事をするのかを事前に伝えておくことにより、不安を減らすことができるでしょう。
挨拶もなくいきなり工事が始まれば、驚いたり不安になってしまいます。
そして何よりも配慮できる優良な業者を選ぶことが重要です。
最初から最後まで十分な配慮やマナーを守り作業を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。
優良業者であれば知識や技術が高いだけではなく、マナーに対しても非常に高いのが特徴です。
丁寧に説明がなされるかどうか、質問や相談にきちんと答えられるか、接客態度が良く業者の利益だけを考えるのではなく、住民のことも真剣に考えてくれるかどうかをポイントに考えるようにしましょう。

細い亀裂がたくさん出てきた場合は外壁塗装のリフォームで対応できる?

外壁は家を守る大切な部分ですので、定期的にメンテナンスをして良い状態をキープしておきたいところです。
外壁の修理は外壁塗装で行うことが一般的です。
外壁の状態によっても、ふさわしい工事は変わってきますのでまずは状態を確認しておきましょう。
外壁もかなり傷んできた場合は亀裂が入りますが、その亀裂がたくさんできている場合もあります。
髪の毛のような細い亀裂がたくさん入ることをヘアークラックと表現します。
経年劣化で発生しますが、乾燥や施工不良、地盤沈下などが原因になることもあります。
こうした亀裂は外壁塗装で対応できるのかどうかも気になるところです。
放置していると、どんどん幅が広くなり、そこから水が入り家の耐久性を落としてしまいますし、シロアリも発生しやすくなります。
どのように対応するかは、業者に現地調査をしてもらい判断していくことになります。
亀裂の部分は、コーキング補修が向いています。
さらに、塗装をすることでコーキングで補修した部分も目立たなくなることが期待できます。

外壁塗装の工事をする際に鉢植えや庭の植物はどうしたらいい?

外壁塗装する場合には、庭などがある家庭は植木鉢等はどのようにしたらよいか気になるところです。
基本的に足場を設置することを考えれば、外壁塗装の前の段階で業者の方からどかしてくださいと言われる可能性があります。
この時には、期限が決められているためそれまでにどかしておくことが必要になるでしょう。
植木鉢は、日当たりの良いところに置いとくケースもありますが、そうでないケースもあります。
場所に関しては、その植物に適したところに置き直すのが良いかもしれません。
これに対して、植物などが自生している場合はでしょう。
例えば庭にチューリップを植えている場合などがこれにあたります。
この場合は、カバー等をかぶせてくれるケースもありますので、話を聞いてみると良いかもしれません。
カバーといっても、日当たりが全くないものではなく、太陽の光が差し込むタイプのものです。
例えるならビニール等をイメージすると良いかもしれないです。

外壁塗装でイメージと違う色に仕上がってしまった場合に塗り直してもらうことは可能?

外壁塗装を依頼する場合には、契約の段階で色選びを行うことになるでしょう。
外壁塗装の色選びは非常に慎重になるはずですが、場合によってはイメージとは違う色に仕上がってしまう可能性も考えられます。
このような場合に塗り直してもらう事は可能であるかどうかなどが気になってくることでしょう。
基本的には塗装がイメージ通りにいかなかったとしても、やり直しをする事は難しいです。
一般的には実際の塗装が違っていることで申告されるケースが多いものの、それを全て受け入れると業者が利益を上げることができなくなってしまいます。
このようなことから色が気に入らないという理由でやり直す事はかなり難しいです。
しかし万が一業者側の過失が認められるケースであれば、業者の負担で塗り直しは可能となっています。
例えば塗り方が悪くて見栄えが悪くなってしまったり、室外機の裏を塗り忘れるなどの事が該当します。
このような場合には申し出ることでしっかりと塗りなおしをしてくれるはずです。

外壁塗装の施工期間中は常に在宅していなくてはいけない?

外壁塗装の施工期間中は、業者の作業員が自宅の敷地内を出入りします。
そのため工事の様子を見守ったり防犯面を考えたら、期間中は常に在宅した方が良いと思うかもしれません。
しかし結論から述べると、外壁塗装の施工中は常に家にいる必要はありません。
最初の足場を設置する前の現場確認と、完了後の検査を行うとき以外は留守にしていても大丈夫です。
お仕事やお買い物などにでかけても問題なく、いつもどおりの暮らしをしていれば問題ありません。
なぜ在宅する必要がないのかというと、家主がいなくても外壁塗装の工事は滞りなく進むからです。
家主が見守っていなくても作業員は手を抜かずしっかりと工事をしてくれますし、作業箇所は外になるため自宅の中に入ることは一切ありません。
在宅していても留守にしていても家の中に入ることは一切ないので、防犯上のリスクも一切ありません。
むしろ常に作業員が敷地内にいてくれるので、工事をしている間は安全と言えるでしょう。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の疑問

これから外壁塗装をしたいと考えているなら、どのような疑問点が考えられるでしょうか。1つ疑問点があるとすれば、かかる金額に関してかもしれません。お金はいくらでも良いので、お願いしますなどと言う人は珍しく、大抵の場合お金に糸目をつけるものです。今日実際にどれぐらいの金額になるかですが、建物の広さや施工の仕方あるいは使うと上によって随分と変わってきます。平均的な一戸建て住宅で2階建ての場合には、おおむね1,000,000円前後のお金と考えて間違いありません。これらを事前に知っておけば、後になってお金が足りないといった話にはならないでしょう。ローンを組む場合も上位で返済ができるか目安が立ちます。

Search